海未来海未来

海と日本PROJECT海と日本PROJECT

ボランティアダイバーによる水中環境保護

きれいな海を
未来につなごう

水中環境問題の解決と持続可能な社会作りを構築するために
海未来が取り組む水中投棄ごみ回収活動水中生物保護活動
ぜひご参加、ご支援ください

水中清掃活動

水中清掃活動

2008年にスタートした水中清掃活動。
湖や海の底に沈む投棄ゴミをボランティアダイバー有志により、近畿各地152か所、合計50,160kgの水中の投棄ゴミを回収してきました。
近年はプラスチックごみの海洋汚染が問題になり、水中生物への影響もさらに大きくなっています。
何よりもごみ自体を減らすことが大切ですが、水中に投棄されたゴミはダイバーによって回収するより手がありません。
海未来では水中清掃にボランティアで参加いただけるダイバーを募集しています。
安全確保のため一定のダイバーレベルは必要ですが、どなたでも参加できます。
みんなで水中投棄ゴミを回収して綺麗な海を未来につなげましょう!

サンゴ再生活動

サンゴ再生活動

地球にとってとても大切な役割を果たしているサンゴは、水温の上昇や海洋の酸性化、オニヒトデなどの食害、汚染などの脅威により世界規模で急激に減少しています。
私たちが主にサンゴ再生活動を実施している和歌山県串本の沿岸は、黒潮の影響を強く受け、世界の北限と言われる本州最大のテーブルサンゴや120種類ものサンゴが生息し沖縄の海と変わらないサンゴ群落が分布している海域です。
そのサンゴも世界と同様近年は著しく減少しています。
海未来は、設立前の2015年から串本やその他の和歌山県海域、石垣島や沖縄本島で大学のサンゴ再生研究グループとともにサンゴの植付けやオニヒトデ駆除活動に積極的に協力、参加してきた実績をもとに、サンゴの再生に取り組んでいます。

環境保護活動の体験参加

環境保護活動の体験参加

海や湖川に投棄されたプラスチックごみや生活ごみの清掃や、地球にとって大切なサンゴを育てる水中生物保護の活動はボランティアダイバーだけではありません。
いったい身近な海にはどれくらいのゴミが沈んでいるのか、サンゴの大切さを知っていただくために子供達や一般のかたに参加いただいて多くの人々に海洋環境の保全、自然保護に対する意識をお持ちいただくことも大切です。
お住いの近隣海域の環境保護活動にぜひご参加ください。

海未来について

関連リンク

ゴールドパートナー


シルバーパートナー

ご寄付者一覧

特定非営利活動法人 海未来

〒542-0067
大阪市中央区松屋町5-5 日月ビル3階

TEL 06-6796-8331
FAX 06-6796-8332

ページトップへ